フレッツ光と同じ回線を利用していて料金が安くなる光コラボレーション、巧妙な勧誘やサービスの複雑さにより、一部で『詐欺』などと言われており、契約を躊躇するケースがありますね。



また実のところ、光コラボとは異なる回線を使うことでもっと速く、もっとお得になるサービスがあり、『auひかり』はその代表的なサービスの1つです。



2018年3月に戸建タイプに限りますが、上下最高5Gbpsまたは10Gbpsのプランが登場、もともとフレッツ光同様1Gbpsの高速回線でしたが、世界最速レベルで速く、かつ、料金もお得になっています。



今日はそんな『auひかり』にスポットライトをあてて、光コラボの料金や速度と比較し、総合的にどちらで契約するのが得か判定していきます。



auひかりと光コラボレーションの料金を比較!




まず、プロバイダーがSo-netの場合で戸建てタイプの利用料金を比べてみると、



・auひかり/5,010円(1年間で60,120円)

・光コラボレーション/4,500円(1年間で54,000円)


となります。(最低契約期間が異なるため、1年間の総額を出しています。)



速度が同じ1Gbpsと考えると光コラボレーションの方が安いですが、auひかりは5Gbpsのプランにしても基本料金は変わりませんので、将来的に光コラボレーションより高速な回線を使えることが期待できます。



エリアや利用環境の条件がそろえば、光コラボに月額500円を追加するだけで、世界最速クラスの通信環境が手に入る事になります。



auひかりと光コラボの回線速度を比較




 auひかりの回線速度はフレッツ光と同じく下り最大1Gbpsですが、2018年春より、一部エリアで戸建タイプに限り、上下ともに最速5Gbpsと一気に5倍になりました。



さらに10Gbpsにできるプランも登場し、auひかりは大容量データの送受信がストレスなくできるスペックとなっています。



この超高速プランはまだ対応エリアが首都圏のみですので、それ以外の地域は下り最大1Gbpsということになります。



ただし、auひかりの場合NTT回線よりもユーザー数が少ないため、同じ1Gbpsでも実測値や体感スピードはフレッツ光より速いことが多いですね。



auひかりの回線やサービスエリア、工事費等について




auひかりの回線について



auひかりを光コラボレーションのひとつと思っている方も多いですが、NTTではなくKDDIが設置した光ファイバーを利用しており、全く別のものになります。



フレッツ光のように、auひかりもプロバイダーを選んで契約することになります。



エリアについて



auひかりは全国主要都市で利用できます。



お住いの場所が提供エリアかどうかは、プロバイダーのサイトで住所を入力して調べるとはっきりわかります。



なお、5Gbps以上のプランが利用できるのは、現在東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部エリアとなっています。



工事費は実質無料!



auひかりの工事はフレッツ光と同じく1度だけとなります。



工事費用は37,500円の30回分割払いですが、契約時にさまざまな割引がついて工事費は実質無料になります。



フレッツ光やNURO光同様、やはりマンションタイプは違う内容になります。



【まとめ】auひかりと光コラボ、契約するなら結局どっち?




auひかり、記事執筆現在、首都圏の戸建てという条件付きですが、超高速プランがすでに始まっており、料金は光コラボの費用に月額数百円追加するレベルで利用でき、今後も利用範囲が拡大する見込みであり、総合的なコスパを考えると、光コラボよりも、auひかりを検討されることをおすすめします。