こんにちはwimaxリサーチャーのコマツです。



wimaxのプロバイダ選びの基準はキャッシュバックサービス等のお得なキャンペーンですが、もう1つ大切なことがありますね。



それが通信速度です。いくら月々お得な料金で利用できたとしても、通信速度が遅ければインターネットをしていてもストレスが溜まるだけです。




まずはじめにbiglobe(ビッグローブ) wimaxの速度について調べましたので解説しますね。



また、聞いたことがあるかもしれませんが、ある条件を満たした時になってしまう速度制限についても合わせて紹介します。



せっかくwimaxを使うのならスムーズなインターネット閲覧や、動画視聴をしたいものです。



それでは見ていきましょう。



スポンサーリンク




プロバイダbiglobe(ビッグローブ) wimaxの速さについて!




biglobe wimaxの速度を知る前に、wimaxの速度について知る必要があります。



そもそもwimaxプロバイダはすべて、uq wimaxから回線を借りて私たちにサービスを提供しているのです。



ということは、どこのプロバイダのwimaxを選んだところで回線スピードに違いはありません。




uq wimaxはもちろんgmoとくとくBB・so-net wimaxなどは、どこも同じ回線速度。



biglobe wimaxの回線速度を心配する必要はないということですね。



ただし機種によってやwimaxの通信モードによっては、下りや上りの速さが異なります。



次の項目で詳しく解説しますのでチェックしましょう。



スポンサーリンク




biglobe回線速度を端末別に比較!




wimaxには3つの通信モードが存在します。



それぞれのモードにより下りや上りの速さに違いがあるのです。



そして端末によって、対応するwimax モードは異なるので端末機器によって通信速度は違ってきます。



3つの通信モード!下りと上りのwi-fi速さを紹介!




wimaxモード




wimaxはwimaxプロバイダ初期から利用している通信モードです。通信速度制限がないのが最大のメリット。そのかわり電波・速度はあまり期待できません。



また、地下室や部屋の奥の方では電波が入らないことがしばしば。



下りは最大40mbpsまででます。
ただ実際は数Mbpsほどしかでません。ですがインターネットをしていて遅いと感じることはあまりありません。


ちなみにサービス終了予定は2018年4月と言われています。



wimax2+モード




現在主流の通信モードです。高速通信が可能で光回線と比較しても負けていません。



下りは最大で110Mbps~220Mbpsでると言われています。
ストレスなくインターネットが行えます。動画視聴でも問題ありません。



電波の届くエリアが日に日に拡大しているのがうれしいです。



ただし3日で通信量3GBの通信を利用した場合、速度制限がかかるのでご注意を。



au 4G LTEモード




通信速度はwimax2+と変わらない速さですが、電波の入るエリアが広いんです。



ちなみに速度は下り最大75Mbps~165Mbpsほど。




ですがwimax2+と同様に速度制限が設けてあります。



月間7GBの通信量を超えた場合の制限で、規制されると128kbpsまで速度を落とされます。



ここで3日で3GBってどれくらいの通信量なのか、実際にインターネットを使用した場合の例を紹介しますね。



  • PC利用時
  • ホームページ閲覧 約1,200回
    YouTube視聴 約60回 約5時間



  • スマホ利用時
  • ホームページ閲覧 約10,000回
    YouTube視聴 約150回 約12.5時間



    速度制限がかかった状態で通信テストを行っている動画がYouTubeにありましたのでご覧ください。







    この動画を観る限り制限がかかると6MBまでしか速度は出なくなるようです。




    端末別速度比較




    biglobe wimaxではルーター端末はW03とWX02の2機種が選べます。それぞれのスペックを見てみましょう。



    Speed Wi-Fi NEXT W03




    ・通信モード wimax2+/au 4G LTE
    ・下り最大370Mbpsに対応
    ・IEEE802.11ac 5GHzに対応、他機器との干渉が少ない



    Speed Wi-Fi NEXT WX02




    ・通信モード wimax/wimax2+
    ・下り最大220Mbps
    ・IEEE802.11ac 5GHzに対応、他機器との干渉が少ない



    biglobe wimaxの速度制限の理由!




    biglobe wimaxだけでなくすべてのwimaxプロバイダに速度制限があります。



    ここでもう一度速度制限の条件をまとめましたので、ご覧ください。



  • 3日間の合計通信量が3GBに達したとき、1Mbps~7Mbpsの速度制限がかかる
  • 7GBプランは一月の合計が通信量が7GBに達したとき128kbpsの速度制限がかかる
  • au 4G LTEでは月7GBの通信量を使うと128kbpsの速度制限がかかる



  • 速度制限て面倒くさい!と感じますよね。ですが一部の人が使い放題してしまうと他の人の迷惑になります。



    無線通信は無限ではなく有限です。一人で多くの通信を行えば他の方の通信速度が遅くなってしますのです。



    速度制限はそういった理由があるためしかたのないこと。



    ツイッターで速度制限についての口コミコメントをピックアップしてみました。












    みなさんやはり速度制限に悩まされています。



    biglobe wimaxの遅い時の解決策!




    最後の項目では低速時の解決策についてお伝えします。



    普段と比べて遅いと感じるのは何かしらの原因があります。



    1つが速度制限を食らってしまっている。この理由の場合はペナルティなので、速度制限が解除されるまで待つよりありません。



    2つ目は初代のwimax通信モードを使用している場合。確かにwimaxモードは速度制限の対象外なのでメリットは大きいのですが、その分通信速度は遅く感じます。



    wimax2+への変更を検討してください。




    3つ目の原因としてwimaxが提供しているエリア外で利用しているとき。



    また家の奥の部屋などに端末機器を置いておくと、電波の入りがよくありません。



    窓側に置くようにしましょう。



    また電子レンジの側も避けた方がよいです。



    どうしても速度が上がらないとお悩みの方は、端末機器の側に金属製の調理用ボールを置くとよいかもしれません。



    パラボラアンテナの効果で、電波を拾いやすくしてくれますよ。



    私の過去の記事で、簡易パラボラアンテナを作る方法を記した記事があるので、紹介します。




    gmo-wimaxの制限速度とは?速度低下の原因と対策&口コミ評判!



    このパラボラアンテナは、とっても効果があるので、ぜひトライしてみてくださいね。



    それでもまだ遅いと感じる場合は、au 4G LTEモードの使用をおすすめします。



    4G LTEだと建物内でも電波が入りやすくなっているので、速度が上がりやすいはずです。



    biglobe wimax口コミ評判!他社プロバイダと比較!

    wimaxお得なキャンペーン5社を徹底比較最新!月額最安値は?



    スポンサーリンク