こんにちは、wimaxリサーチャーのコマツです。gmoとくとくBB wimaxと契約したが、思ったのと違ったので解約したい。ということもあるでしょう。



そんなときのために、gmoとくとくBB wimaxの解約方法についてまとめました。



それほど難しくありませんので、契約を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。




もしくは、回線速度が出ないから解約するという方はこちらの記事で改善策を紹介していますので、解約する前に読んでみてください。



⇒gmoとくとくBB wimaxの回線速度制限は?原因と対策まとめ!



スポンサーリンク




gmoとくとくBBwimaxの解約方法を紹介




では、早速gmoとくとくBB wimax の解約の手続き方法を見ていきましょう。解約はgmoのホームページにある「BB navi」から手続きできます。



わかりやすいように、端末受け取りから25ヶ月目に解約ボタンが表示されるサポートになっています。



ちなみに、解約ボタンを押せば、違約金は請求されません。



万が一、24ヶ月目までに解約を希望される場合は、gmoホームページよりwimax解約申請書をダウンロードし窓口に郵送する必要があります。



解約申請の期限は解約を希望する月の20日必着。なので、この日までに解約申請書を送るようにしましょう。



本文の内容をより詳しく解説している動画があるので張りました。







レビューを紹介します、ご参考にどうぞ。









スポンサーリンク




gmoとくとくBB wimaxの解約金について




gmoとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンのサービスを利用し契約された方は、一定期間使い続けなければいけません。なぜなら、もしも契約者がキャッシュバック金額だけ受け取った後、すぐに解約してしまうとプロバイダは大損してしまう理由からです。



また、解約する際にかかる違約金は、解約月に解約すれば請求されません。



wimaxの解約金発生条件




「wimaxの接続サービス」をご契約の場合、初月から24ヶ月間の間にサービスを解約してしまうと違約金がかかります。



契約の時点で、2年間継続使用の条件に納得しなければいけないので、途中で解約した場合の違約金は仕方ありません。



解約を希望するなら25ヶ月目にしましょう。契約から25ヶ月経てば違約金は払う必要なく、解約できます。



「wimax」の解約金発生条件まとめ
  • 1~24ヶ月目までに解約した場合⇒違約金が発生します
  • 25ヶ月目以降に解約した場合⇒違約金は発生しません



  • wimax2+の解約金発生条件




    こちらはwimaxの接続サービスの場合と少し異なります。「wimax2+接続サービス」「wimax2+ギガ放題接続サービス」は、端末を受け取った翌月を1ヶ月目とし、そこから24ヶ月目の利用が契約条件。



    注意したいのは、手続し端末を受け取った月でなく、端末を受け取った翌月からの期間なので、気を付けましょう。



    さらにもう一点、解約の申請がない場合は自動的に追加でもう2年間の契約となります。



    では、どのタイミングで解約をすれば、違約金が発生しないのかご説明します。



    端末を受け取った翌月から25ヶ月目が契約更新月となります。そして契約更新月の20日までに、解約手続きを行えば違約金が発生しません。



    契約更新月以外の解約は違約金が発生するので、ユーザーの方はぜひ覚えておきたいところ。



    そして、解約金はgmoとくとくBBに契約する時に利用したキャンペーン内容により変動しますので、気になるようならメール・電話で窓口に確認することを勧めます。



    「wimax2+」の解約金発生条件まとめ
  • 1~24ヶ月目までに解約した場合⇒違約金が発生します
  • 25ヶ月目以降の契約更新月以外に解約した場合⇒9,500円(税抜)
  • 契約更新月の20日までに解約した場合⇒違約金は発生しません



  • gmoとくとくBB wimax の解約で気をつけること




    解約金・契約更新月についてご理解いただけましたでしょか。この項目では、他に気を付けておきたいことをお伝えいたします。



    SIMカードは返却しましょう




    端末の返却は「wimax」「wimax2+」共に不要。しかし、wimax2+SIMカードの契約をした場合、SIMカードの返却はしなければいけません。SIMカードはレンタルということを覚えておくとよいでしょう。



    SIMカードの返却をしないと損害金として3,000円(税抜)の支払い義務が発生します。解約のときは忘れないよう注意が必要です。



    端末はSIMカードと一緒に返却すると便利




    一度、gmoとくとくBBにwimax2+の端末を返却した場合、再度同じ物を受け取ることはできませんのでご注意を。



    端末がもう必要ないという場合は、SIMカードを挿入したまま返却するのもありです。gmoとくとくBBでサービスで処分してくれます。



    wimaxお得なキャンペーン5社を徹底比較最新!月額最安値は?



    スポンサーリンク