こんにちは。光コラボレーションコンサルタントのマリです。



NTTには東日本と西日本があることは皆様ご存知かと思います。



フレッツ光についても、回線の速度や品質は同じですが料金やサービス内容には少し違いがあります。



光コラボレーション事業者を選ぶ際も、このことを念頭においておかないと間違って東日本の料金と比べていた、などという失敗をしてしまうことがあります。




そこで今回は、NTT西日本のフレッツ光にスポットをあてて光コラボレーション事業者と比較。



転用や新規で光コラボレーションを上手に選ぶためのポイントをまとめてみました。



NTT西日本のフレッツ光はこんなサービス




まずはNTT西日本が提供するフレッツ光についておさらいしておきましょう。



提供エリアは、静岡県、岐阜県、富山県から西となります。



フレッツ光の月額料金は、戸建タイプで5,400円/月ですが、新規で公式サイトから申し込むと3,810円とかなり安くなります。




また、CLUB NTT-Westという会員向けのサービスに入ることでポイントがもらえます。



フレッツ光契約時には3,000ポイント、長期利用ボーナスとして1年毎に3,000〜6,000ポイントと結構貯まり、長く使うほどお得になります。<>/b



ちなみにNTT東日本は5,700円/月ですが、実質は「にねん割」適用で5,000円、新規の場合さらに300円安い4,700円です。



どちらも加入時に契約料800円、工事費18,000円が初期費用としてかかり、月額料金とは別にプロバイダー料金(毎月500円〜1,000円前後)も必要です。



NTT西日本で光コラボレーションに転用する時の事業者の選び方




このように、同じNTTでも東西で料金やキャンペーン内容が違います。



ということは、光コラボレーションも東西で違いがありそうですが、実際は東西の違いは特にありません。



どの事業者も提供エリアはNTT東日本・西日本両方となっているのでどこにお住まいでも料金やサービス内容は同じです。



ですから、NTT西日本のフレッツ光から転用するなら、目安として毎月の料金が5,400円+プロバイダー料金よりも安くなればOKでしょう。



その月額料金ですが、現状どの事業者にしてもフレッツ光よりは安くなることがほとんどなので、他に選ぶポイントは以下の3点です。



  • プロバイダーを変えたくない→フレッツ光で使っているプロバイダーの光コラボレーション(OCNや@niftyなど)にする

  • スマホ代も節約したい→Softbank光やdocomo光、SIMセット割引のある事業者にする

  • 引越しがあるかも→解約料のないところを選ぶ



    などがあげられます。



    私の実家では、もともとプロバイダーとして@niftyを使っていて、メールアドレスやホームページが変わると困るうえにスマホがauだったので、auセット割のある@nifty光に転用しました。



    請求がまとまってすっきりしたし、安くなったと喜んでいます。



    一つ注意点は、上にも書きましたがNTT西日本のポイントが貯まっている場合です。



    転用するとポイントは消えますので、商品と交換するなど使い切ってから手続きをした方が後悔しませんよ。



    光コラボレーション事業者をNTT西日本エリアで新規で探すなら




    NTT西日本では現在公式サイトから申し込むことで、戸建ての月額料金が月3,810円と、とても安くなります。



    プロバイダー料金を足しても5,000円以下ですから、光コラボレーションと大して変わらないですよね。



    この場合は、初期費用やキャンペーン内容を比較してみましょう。



    契約料はNTT西日本は800円、光コラボレーション事業者では800円〜3,000円と結構差がありますが、そこまで気にする金額でもないでしょう。



    もっとも影響が出るのが工事費で、これもNTTと同じ18,000円の場合もあれば20,000円を超える事業者もあります。



    しかし光コラボレーション事業者はキャンペーンを実施することが多く、新規の場合は工事費相当分のキャッシュバックや割引が入ることがよくあります。



    もし月額料金が同じなら、工事費が安く済む光コラボレーションの方がお得ですよ。



    また、最初の1ヶ月は無料になる事業者もあるので、毎月の料金だけでなく初期費用と年間トータルでいくらになるのかまで、調べておくことをオススメします。




    まとめ




    光コラボレーションが始まってからは、フレッツ光は料金が高いとか、支払先が二ヶ所になって面倒、などあまりメリットを感じないサービスとなっている印象があります。



    NTT西日本では実質月額料金が東日本よりも高いですから、現在フレッツ光を使っているならやはり光コラボレーションに転用する方がお得でしょう。



    ただし新規の場合はNTT西日本は結構安いので、これから光回線を引きたい方には魅力的かもしれません。



    NTTという安心感もありますし、スマホセット割引などが必要なければ充分お得と言えます。



    しかもNTT西日本が安くなったことで、光コラボレーションの方も今後もう少し値下がりする、なんてことも期待できます。



    ユーザーにとっては喜ばしいことですね。



    光コラボレーション事業者による勧誘でトラブル続発?注意点まとめ