こんにちは。光コラボレーションコンサルタントのマリです。



フレッツ光や光コラボレーションを契約する時に、固定電話も光電話(インターネット電話)にしたという方も多いと思います。



しかし、この光電話番号が、引越しなどの事情で回線を解約すると変更になってしまうということは、意外と知られていないようです。



そこで今回は、光コラボレーションを解約する時の注意点を電話番号にスポットを当ててご紹介いたします。



スポンサーリンク




光コラボレーション加入時は電話番号を引き継げる




フレッツ光を利用中の方が光コラボレーションに転用する時は、光電話の電話番号をそのまま使い続けることができます。



工事もなく、電話番号を変える必要もなくネットの利用料金が安くなるので便利ですよね。



また、新規に光コラボレーションに加入する時も、NTTで契約中の固定電話の番号をそのまま光電話の電話番号として利用できます。



せっかく光回線を引くのですから電話も回線料金や通話料金が安くなる光電話にするのが当たり前ですし、携帯電話のようにナンバーポータビリティが可能となっています。



光コラボレーションを解約すると、電話番号が消える?




上記のように、フレッツ光から光コラボレーションに転用するのは簡単なのですが、その光コラボレーションを何らかの理由で解約しなければならない時は、事情が変わってきます。



実は一度光コラボレーションにすると、フレッツ光や他の光コラボレーションにまた「転用」するということはできません。



一度解約してから、新たにフレッツ光や他の光コラボレーションへ新規申し込みをしなければならないのです。



その場合、解約と同時に光電話の電話番号も消えてしまうため、固定電話を使いたければ新しい電話番号を取得することになります。



遠くに引越しする時は電話番号が変わっても仕方がないと思えますが、インターネット回線を変えたかっただけなのに固定電話の番号まで消えてしまうのでは、何だか不便ですよね。



スポンサーリンク




光コラボレーション解約時に電話番号を変えない方法もある?




私などはもし電話番号が変わると、子供の学校関係や親戚、職場への連絡だけで1日終わってしまうのではないかと思うくらい面倒に感じますから、できれば変えずに済ませたいものです。



このように、どうしても光コラボレーションを解約したいけれど、使い慣れた電話番号を変えたくない時は、変えずに済む方法もあることはあります。



もしお使いの電話番号がもともとNTTのアナログ電話の番号(加入権を買って取得した番号)なら、一度アナログ電話に戻すことで電話番号の消滅を回避できるのです。




光コラボレーションを解約する前にNTTの116番に連絡をして、アナログ電話に切り替えてもらい、新しい光コラボレーションに加入する時にまた光電話に戻せばいいのです。



(それも結構面倒ですが…)



ただし、アナログに戻す時と光電話に変える時にそれぞれ結構な手数料がかかるそうですから、NTTに確認し
てみてくださいね。



まとめ




いかがでしたか?



光コラボレーション契約時はインターネット料金にばかり気をとられて、電話番号のことまで気がつかないものですよね。



特にフレッツ光から転用した方の場合は、他の事業者に乗り換える時も番号がそのままのはず、と思い込んでしまいがち。



しかも光回線は基本的に長期間使うことを前提として契約するものなので、すぐに解約するかも、、、という意識を持ちにくいのです。



とはいえ、急な引越しといった予期せぬ事情や契約した光コラボレーションがどうしても気に入らないなど、解約したくなることはあるものです。



回線の解約や新規契約だけでも結構エネルギーを使うのに、固定電話の電話番号まで変わっては大変です。



光コラボレーションを契約する時は、なるべく解約しなくて済むように慎重に検討することはもちろんですが、解約する時に生じる不都合な点についてもきちんと理解しておくことをおすすめいたします。



スポンサーリンク