こんにちは。光コラボレーションコンサルタントのマリです。



光コラボレーションが始まってから、NTTのフレッツ光も以前に比べて利用料金が安くなってきました。



特にNTT西日本エリアにお住いの方から、光コラボレーションとフレッツ光、一体どちらがお得なのかよくわからないというご相談をいただくことが増えています。



そこで今日は、西日本エリアにお住いの方向けに、光コラボレーションとNTT西日本フレッツ光とのサービス面や料金の違いなど、選ぶ際のポイントについてご説明いたします。



光コラボレーションとNTT西日本フレッツ光の違い




光コラボレーションとは、NTT東日本/西日本が提供する光回線「フレッツ光」をプロバイダーなどの各事業者が借り受けて、独自のサービスなどを付加して販売する事業形態のことです。



光コラボレーションもフレッツ光も使う回線は同じですから、速度も同じとなります。



違う点は主に次の2つです。



  • 1.利用料金

  • 2.支払先



  • ではそれぞれについて、比較検討してみましょう。



    光コラボレーションと西日本フレッツ光を利用料金で比較




    転用の場合




    NTT西日本のフレッツ光は戸建タイプで5,400円/月で、これにプロバイダー料金(500円〜1,000円前後)がプラスされます。



    これを光コラボレーションに乗り換える(転用する)と、例えばOCN光ではプロバイダー料金込みで5,100円/月になります。




    転用の場合工事費用は不要で契約料が数千円かかる程度ですから、単純に月額料金で比較すると明らかに光コラボレーションに転用する方が安くなります。



    新規の場合




    現在、NTT西日本ではフレッツ光を新規で公式サイトから申し込むと戸建て3,810円/月と、上記の5,400円と比べてかなり安くなります。



    プロバイダー料金を足しても5,000円以下ですから、下手な光コラボレーションよりお得なケースも出てきます。




    ところが、光回線を導入するためには工事費用がかかります。



    光コラボレーションではキャンペーンなどにより工事費が実質無料になったり、キャッシュバックを貰えたりすることも多いのですが、NTT西日本ではそうしたキャンペーンはほとんどしていません。



    また、光コラボレーションにはスマホとのセット割や有料動画が見放題など事業者オリジナルのサービスがあります。



    新規で加入する時は単純に月額料金だけで比較せず、工事費用やキャンペーン、サービス内容までひっくるめてトータルで検討してみましょう。



    光コラボレーションと西日本のフレッツ光を支払先で比較する




    なぜ支払先?と思われるかもしれませんが、これって結構重要なんです。



    フレッツ光の場合は、回線使用料をNTT西日本に、インターネット接続料金は各プロバイダーにと、別々に支払わなくてはなりません。



    問い合わせ窓口も別ですから何か困ったことがあるとどっちに相談していいのかわからないということも起こります。



    どちらかでいっぺんにまとめてくれればいいのに、と思いますがそうはいかないのですね。



    その代わり、もし使っているプロバイダーに不満があれば、回線はそのままで他のプロバイダーに乗り換えることができます。



    さらに別のプロバイダーと契約してメインとサブで使い分けることもできます。



    メールアドレスがたくさん欲しい方や、プロバイダーのサーバーがダウンした時の保険が欲しい方には便利ですよね。



    一方、光コラボレーションにしてしまうと、支払先や問い合わせは一か所で済みますが、プロバイダーは選べませんし、乗り換えるのも大変です。



    ただ、最近ではメールアドレスはフリーのものを持てますし、スマホがあればインターネットができなくて困るということもありませんから、そこまでプロバイダーにこだわる必要はなくなっているように感じます。




    このように、光コラボレーションとフレッツ光とでは使い勝手の面でも違いがみられます。



    まとめ




    いかがでしょうか。



    簡単にまとめると、ユーザーから見た光コラボレーションとフレッツ光との違いは「料金とその支払先」ということになります。



    西日本の場合、転用はともかく新規だとずいぶん安いので、光コラボレーションとフレッツで迷ってしまうケースが多いのも頷けます。



    私なら少しでも安く手間なく使いたいと考えますが、もちろん多少高くても安心できる方がいいと思う方も。



    インターネットの使い方は人それぞれですから、この記事をご参考にあなたにとって最適な事業者を探してみてくださいね。