こんにちは。光コラボレーションコンサルタントのマリです。



上手に使えばネット料金がお得になる光コラボレーション。



ところが転用した後でこんなはずでは…と後悔するケースがあることも事実です。



そこで今回は、光コラボレーション転用の想定されるデメリットについてご説明いたします。



スポンサーリンク




光コラボレーション転用とは




光回線はこれまでNTT(東日本・西日本)が「フレッツ光」として独占販売していましたが、これを携帯電話会社やインターネットプロバイダーなどの事業者に卸すことで、回線速度や品質はそのままで事業者独自の付加価値をつけて販売できるようになりました。



これを光コラボレーションと言います。



そして現在フレッツ光を利用中の方が光コラボレーションに乗り換えることを「転用」と呼んでいますね。



光コラボレーションに転用する意味




回線速度などが同じなら、わざわざフレッツ光から光コラボレーションに転用することは無意味に思えますよね。



ですが、ほとんどの光コラボレーション事業者ではフレッツ光よりもお得になる料金プランや割引サービスを用意しています。



例えばSoftBank光のような携帯電話会社の光コラボレーションなら、SoftBankのスマホとセットで申込むことで月々のスマホ料金が安くなります。



また、光コラボレーションではプロバイダーがセットになっているので、フレッツ光のようにプロバイダー料金を別に支払う必要がありません。



つまりライフスタイルやインターネットの利用状況に合わせてお得な事業者を選べることが、光コラボレーションの魅力といえます。



コラボレーション転用のデメリット




このようにいいことづくめに思える光コラボレーション転用ですが、実は以下のようなデメリットもあります。



デメリット1;実効速度が遅くなる可能性がある




最大1Gbpsの高速通信が魅力の光回線ですが、実際に転用したユーザーの口コミでは、転用前に比べて通信速度が遅くなってしまったというケースも見られます。






速くなる分には全く問題ありませんが遅くなってしまっては転用した意味がないですよね。



使っている回線は同じなのに、なぜ実効速度が変わってしまうのか、はっきりしたことはわからないというのが実情です。



ネットや知人からの口コミなど、できる限り自分で情報を集めて納得してから転用しないと後悔することになりかねません。



スポンサーリンク




デメリット2;プロバイダーが変わる




光コラボレーションでは、回線とプロバイダーがセットになっているのでその分月額料金が安くなるのがメリットです。



しかしそれは裏を返せば転用する=プロバイダーが変わるということです。



そうなると、フレッツ光で使っていたプロバイダーを解約しなければなりません。



解約料がかかったり、ずっと使っていたメールアドレスやブログサービスが使えなくなるなど面倒なことが起こります。



転用のタイミングを解約料がかからない契約更新月にするか、使っているプロバイダーが提供している光コラボレーションに転用するなどの工夫が必要になってきます。



デメリット3;光コラボレーションからの転用はできない




意外と知らない人が多いのですが、一度光コラボレーションに転用すると、同じように転用でフレッツ光に戻したり他の光コラボレーションに転用することができません。






万が一転用先に満足できず、元に戻したり乗り換えたいという場合は一旦解約して、新規にフレッツ光なり他の光コラボレーションに申し込むことになります。



そうなると当然、解約料や新規契約料がかかりますよね。



また、ひかり電話を使っていて光コラボレーションに転用した場合は、光コラボレーションの解約と同時に電話番号が消えてしまいます。



ひかり電話を使っている方は特に、解約しなくてすむように転用先を慎重に検討しましょう。



デメリット4;月額料金が高くなる場合がある?




フレッツ光マンションタイプで主にVDSL方式やLAN配線方式のプラン2などの元々安いプランを使っている場合、光コラボレーションに転用してもさほど月額料金が変わらないばかりかかえって高くなることがあります。



転用後の月額料金がいくらになるのかを、事業者にきちんと確認するようにしましょう。



デメリット5;かからないはずの工事費用が発生することも




光コラボレーション転用の場合はフレッツ光の回線部分をそのまま使う(すでに工事済み)ので、回線工事費用はかかりませんが、フレッツ光の利用環境によっては例外があります。



マンションのVDSLタイプのように共用部分までしか光回線が来ていない場合は、宅内まで光ファイバー線を通す必要があり、この場合はなんと新規申し込みと同じ工事費用がかかります。



また、Bフレッツやフレッツ光ハイスピードタイプから光コラボレーションへ転用する場合も速度変更となり、若干の工事費用がかかります。



スポンサーリンク




まとめ




いかがでしたか?



月額料金が安くなったり通信費を節約できたり、メリットが多いと思われる光コラボレーションですが、上記のようにデメリットもあります。



価格の安さやキャンペーンにつられて気軽に選んでしまうと、逆に損をしてしまうことも。



まずは今利用しているプロバイダーや携帯電話会社などの身近な光コラボレーション事業者に問い合わせ、転用するとどのくらい得なのか、デメリットは何かをきちんと説明してもらうといいでしょう。



失敗すれば、また最初からやり直しになってしまいます。



フレッツ光よりもお得になるとはいえ、月々数千円は支払うものなので、後悔しないようじっくり検討してくださいね。



光コラボレーション転用後のキャンセルは可能?対策まとめ!


コメントを残す