こんにちは。



ネット契約コンサルタントのマリです。



光回線やスマホなど、一度契約したインターネット回線をやめる時に解約金がかかることがあるのはご存知ですよね。



UQ WiMAXも例外ではありません。



しかも他の回線に比べてUQ WiMAXの解約金は高額で、解約のタイミングによっては2万円くらいかかってしまうことも。



そこで今回はUQ WiMAXをできるだけ安く解約するコツについてまとめてみました。



UQ WiMAXはなぜ解約金がかかるの?




解約金は、契約解除料や違約金などとも呼ばれ、決められた契約期間が終わる前に解約する場合は払わなければならないものです。



UQ WiMAXの場合契約期間は最低でも2年間です。



なぜそのようになっているかというと、最低でも2年間は使ってもらわないと儲からないからなのです。



契約期間の縛りや解約金を無くすことで、その分新規契約料や月額料金が高くなり、お得な入会キャンペーンもできなくなってしまうため、利用者にとってもプロバイダーにとってもメリットがなくなってしまいます。



ルーターも実質無料でもらえなくなってしまうかもしれません。



ですから解約金がかかるというのは仕方のないことですし、当面なくなることはなさそうです。



UQ WiMAXの解約金はいくらかかる?




では、具体的に解約金はいくらかかるのでしょうか。



UQ WiMAXの提供元でもあるUQコミュニケーションズでは、解約金を以下のように設定しています。



 
  • 1〜13ヶ月目…19,000円

  • 14ヶ月目〜25ヶ月目…14,000円

  • 27ヶ月目以降…9,500円



  • これはほとんどのプロバイダーで同じ金額となります。



    ただしGMOトクトクBBなどの高額なキャッシュバックを行なっているプロバイダーでは、解約金がもっと高く設定されていることがあります。



    解約金の他に、「キャンペーン違約金」みたいな名目で別途料金を取られることもあります。



    必ずご自分のプロバイダーの解約金はいくらなのか、確認してくださいね。



    解約金を払わずにUQ WiMAXを解約するには




    では解約する際には必ず解約金がかかるのかといえば、そうではありません。



     実は契約の更新月に限り、解約金は無料になります。



    基本的にはUQ WiMAXのルーターを受け取った翌日を1ヶ月目として、25ヶ月目に解約すると無料になります。



    もしその月に解約しなければ自動的に契約が更新され、次の更新月まで解約金が発生する状態となってしまいます。



    解約金を払わずに解約するためには、確実に更新月に解約手続きを済ませる必要があるのです。



    そうはいっても、2年も先のことですからいつが更新月か分からなくなることも多いですよね。



    1ヶ月目がルーターを受け取った月なのか、翌月になるのかもプロバイダーによって違います。



    自分の更新月はプロバイダーのマイページで確認できますから、そろそろかなと思ったら一度ログインして見ておきましょう。




    UQ WiMAXを更新月以外に解約したいなら




    UQ WiMAXは2年契約ですから、その間に解約したくなるということは大いにあり得ます。



    圏外に引っ越すことになったり、周辺の環境が変わって繋がりにくくなってしまったり。



    そんな時も解約金はできるだけ抑えたいものです。



    そのためには下記の点に注目してみると良いですよ。



    他の回線に乗り換えるなら…キャンペーンやキャッシュバックをチェック




    UQ WiMAXではない他のインターネット回線に乗り換えたいなら、乗り換え先のキャンペーンに注目です。



    光回線などは、乗り換え時の解約金を負担してくれたり解約金以上の高額なキャッシュバックをもらえることがあります。



    どうせ解約金を払ってまで乗り換えるのなら、できるだけお得な回線を探してみましょう。



    UQ WiMAXをそれほど使っていないなら…スマホの料金プランの見直し、格安simの検討




    UQ WiMAXのギガ放題にしてみたけどそんなに必要なかった、という場合もありますね。



    最近では大手キャリアのスマホでも安いプランが登場しているので、そちらに変更すればUQ WiMAXの月額料金を払い続けるよりお得になることも。



    また、スマホの更新月に解約して格安simに乗り換えるという手もあります。



    これで毎月の支払額が減れば、UQ WiMAXの解約金くらいはすぐに取り戻せるかもしれません。



    ルーターを売ってみる




    UQ WiMAXを解約したらルーターはいらなくなりますが、これは中古買取に出すことができます。



    ただし、もともと契約すれば無料でもらえるものなので、買取金額は低めです。



    最新機種を半年くらいで解約した、などという場合はチャレンジしてみるというのも手です。



    まとめ




    いかがでしたか?



    UQ WiMAXを解約するなら、できるだけ契約更新月にして解約金を払わないのが基本です。



    2年間使えばルーターも古くなってくるので、解約して違うプロバイダーで新規契約し、新しいルーターとキャンペーン特典をもらうべきです。



    ただし解約方法はプロバイダーによって違うので、更新月に間に合うように手続きしてくださいね。



    でないとまた2年間は解約金がかかる状態になってしまいますよ。