こんにちは。



ネット契約コンサルタントのマリです。



UQ WiMAXの通信速度がなんだか遅い、ということはありませんか?



また、契約を考えているけど遅くなるとの評判を目にしてためらっている方もいらっしゃるでしょう。



UQ WiMAXが遅くなる原因はいくつかありますが、適切に対応すれば改善できることがほとんどです。



そこで今回は、UQ WiMAXがいつもより遅い時の原因と対策についてまとめました。



原因を知っていれば対処の仕方がわかるので、むやみに心配せずにすみますし、これから購入する方にも良い判断材料になるでしょう。




UQ WiMAXが遅いのは使い過ぎたから?ギガ放題でも速度制限に注意しよう




そもそもUQ WiMAXはモバイルデータ通信の中でも非常に高速なサービスです。



しかもギガ放題プランなら、毎月定額でデータ使用量が無制限なのでネットのヘビーユーザーにもとても人気があります。



しかしヘビーユーザーが使いすぎると、回線が混雑して遅くなり他のユーザーにも影響が出てしまいますよね。



そこでUQ WiMAXのギガ放題プランには「3日間で合計10GB」の制限があるのです。



これは3日間のデータ使用量が10GBを超えてしまった場合、翌日の夜の18時頃〜翌2時の8時間のみ速度が1Mbpsになるというものです。



夜使っていて、なんだかいつもより遅いなと思ったら速度制限がかかっているのかもしれません。



自分がどのくらいデータ通信をしたかは端末の画面で簡単に確認できます。



  • 遅い原因が速度制限、ということなら解除されるまで待ってくださいね。



  • 解除の時間が来たのに遅いままの時は、一旦ルーターを再起動してみましょう。



  • これで元の速度に戻るはずです。



    UQ WiMAX 7GBプランの速度制限はもっと遅い




     ギガ放題の速度制限は1Mbpsなので、YouTubeの動画くらいなら問題なく観れる程度ですが、7GBのプランの場合は月合計7GBを使いきってしまうと通信速度を128kbpsに制限されます。



    スマホでもこうした速度制限がありますよね。



    私も経験がありますが、この速度ではホームページの読み込みですら時間がかかって仕方がないです。



    しかも制限は翌月1日まで解除されませんので、我慢の日々が続くことになってしまいます。



    以前は7GBで充分だったのに、最近この制限によくひっかかってしまうというケースもあります。



    カメラの画素数が増えたり、FacebookやインスタグラムなどのSNSアプリで勝手に動画が再生されるなど、同じような使い方をしていても知らないうちにデータ通信量が増えてしまっているのでしょう。



    この機会にギガ放題プランに切り替えてみても良いかもしれませんね。



    UQ WiMAXのLTE回線を使うと遅くなる?




    もうひとつ、ギガ放題プランの方が注意しなくてはならないのが「LTEオプション」です。



    au 4G LTEを用いたハイスピードエリアプラスモードをつかうと、UQ WiMAXのエリア外でも通信することができますが、1回でも使うとその月はWiMAXも含めて合計7GB使った時点で速度制限がかかります。



    制限内容は7GBプランと同じですので、かなり厳しいことになってしまうのです。



    ギガ放題プランで、絶対に3日で10GBも使っていないのに異常に遅い時は、LTEオプションを使っていないかどうか思い出してみましょう。



    ハイスピードエリアプラスモードが使えるルーターは、W02・W03・W4と、Speed Wi-Fi HOME L01(据え置きタイプ)です。



    このルーターを使っている方はハイスピードエリアプラスモードをオフにしておきましょう。



    これから購入する方は、最初からこれ以外の機種にしておけば間違いありません。





    UQ WiMAXが遅いのはルーターの置き場所のせいかも!




    上記のような速度制限に該当しないのに遅いとしたら、次はルーターの置き場所を疑ってみます。



    UQ WiMAXの電波はまっすぐに速く進むため、障害物を回り込むことができません。



    また、他のwifi、Bluetooth、電子レンジなどの電波の干渉を受けるという性質があります。



    基地局がいくら近くにあっても、障害物や他の電波の影響で遅くなることがあるのです。



    ですからルーターを数cm動かすだけで、電波の強弱が大きく変わることがよくあります。



  • 自宅で使っていて遅い時は、できるだけ窓際の高い位置で、間に障害物がない場所を探してみましょう。



  • 窓がたくさんあるなら方角の違う窓際にも置いてみます。



  • 電子レンジやBluetooth機器からはなるべく離してくださいね。



  • もちろんルーター本体にカバーなどをかけるのもNGです。



  • また、WiMAXルーターでは初期設定の2.4GHz以外に5.0GHzの電波帯を使うことができます。



    5.0GHzは基本的にルーターでしか使われないため電波干渉が起きにくいので、電波干渉による速度低下が疑われるときはルーターの初期設定を変更してみましょう。


    だったら最初から5.0GHzにしておいてくれればいいのに、、、と思ってしまいますが、設定の変更は割と簡単にできるので、試す価値は大いにありますよ。



    UQ WiMAXが遅いのはパソコンが原因のことも




    古いPCなどwifi受信性能が低い機器を使っている場合、UQ WiMAXがどれだけ速くても速度は上がりません。



    このときはルーターをUSBやLANケーブルで直接つなぐと速度が上がることがあります。



    せっかく面倒な配線がいらないのにちょっと残念ですが、自宅で使うならそんなに不便ではないですね。



    また、PCのOSがWindows VistaやWidows 7の場合は省電力機能が原因で遅くなることがあります。



    ノートパソコンをバッテリー電源で動かしている時に、ワイヤレス ネットワーク アダプターが省電力モードを使用するように設定されているためなんだそうです。



    これはパソコンをAC電源に繋いで使うか、省電力モード設定を変更することで解決できます。



    まとめ




    いかがでしょうか。



    UQ WiMAXが遅い理由は主に


      
  • 速度制限にかかっている
  • 電波の受信状態が良くない
  • 受信側の機器の問題


  • の3点となります。



    UQ WiMAXはギガ放題だし繋がるエリアもどんどん増えているので、ついユーザー側もいつでもどこでも速いはず、と思い込みがちですが、使い方と環境によって遅くなることもあるのですね。



    そんなときはぜひ、今回ご紹介した方法を試してみて下さいね。