こんにちは。



ネット契約コンサルタントのマリです。



UQ WiMAXを契約すると、プロバイダーからメールや契約書類などが送られてきます。



ここには契約した内容の他に、契約者専用の個人ページへのログイン方法などが記載されています。



ただ、契約したばかりの頃はログインする必要がないのでそのまま忘れているという方も多いですよね。



いざログインしようとして、IDやパスワードがわからなくなるパターンもよくあります。



そこで今回は、UQ WiMAXの専用ページにログインする意味やパスワード忘れの対処方法などについてまとめてみました。



UQ WiMAXのログインには2種類ある




UQ WiMAXには同じログインでも、インターネットに接続するためのログインと、契約プロバイダーの個人ページへのログインの2種類があります。



1番重要なのはインターネットに接続するためのログインですが、これはWi-Fiの設定に必要なSSIDというIDとパスワードで行います。



SSIDとパスワードはルーター毎に決まっていて、端末にシールがついていたり画面上で確認できたりします。



これを使って無事インターネットに接続できれば、あとはあまり使うことはないですし自分でパスワード変更したりする必要もありません。



一方個人ページは、契約者毎のIDとパスワードを使ってプロバイダーのホームページからログインすることで見ることができる、契約者専用のページのことです。



契約後にプロバイダーから送られるメールや書類に、個人ページへのログイン方法、IDや仮パスワードなどの情報が記載されています。



特に必要なくても1度はログインして、契約内容が正しいかどうか確認しておくようにしましょう。



UQ WiMAXの個人ページで何ができるの?




ではUQ WiMAXの個人専用ページでできることをご紹介します。



  • 契約者情報(住所・連絡先・メールアドレス・支払方法など)の変更手続き

  • 料金プランの確認・変更

  • 利用通信量の確認

  • オプションの利用申し込み・解除

  • キャッシュバックの申請など


  • プロバイダーによって多少違いますが、大体上記のような契約に関することを確認することができます。



    いちいちサポートセンターに電話やメールで問い合わせなくても、この個人ページでほとんどのことがわかるようになっているのですね。



    特に通信制限にかかっているかどうか確認したい時に、自分の通信量がすぐ分かるのは便利です。




    UQ WiMAXの個人ページにログインできない時は?




    このように何かとお世話になることがある個人ページですが、時々ログインできないという事態が起こります。



     最も多いのがパスワード忘れです。



    メモをなくしてしまったり、メモしておいたのに字が間違っていることだってあります。



    そんな時は慌てずに問い合わせましょう。



    たいていログイン画面には「パスワードをお忘れのかたはこちら」のようなリンクがあり、ここからパスワード再発行画面に行けますのでIDとメールアドレス、本人確認の情報(生年月日など)を入力して送信します。



    少し待つと新しいパスワードが入力したメールアドレスに届くので、それを使ってログインしてくださいね。



     IDを忘れてしまったり、メールアドレスが変わっているのにプロバイダーに変更手続きをしていない場合は少し厄介です。



    特にメールアドレスが違うとIDやパスワードを再発行してもらっても受信できないため、サポートセンターに相談しなければなりません。



    電話は受付時間が決まっていますし、問い合わせ窓口からメールで聞いても返信が来るまでかなり時間がかかってしまいます。



    本人確認のために郵送書類で手続きしなければならない場合も。



    こうなるととても面倒ですから、スマホの機種変更や乗り換えでメールアドレスが変わったらすぐ個人ページにログインして変更手続きしておきましょう。



    まとめ




    いかがでしょうか。



    ログイン情報というのは、最初は気をつけていてもだんだん管理がいい加減になってしまいがちですよね。



    私もいろいろなサイトで会員登録をしているので、パスワードを再発行するハメになることが何度もあります。



    よく使うサイトなら覚えてしまうものですが、UQ WiMAXの個人ページへのログイン頻度はそんなに高くないので、つい忘れてしまうのも仕方がないかもしれません。



    肝心なのは契約してすぐに、個人ページにログインしてIDとパスワードをメモしておくこと、住所やメールアドレスが変わったらすぐに変更手続きしておくことです。



    UQ WiMAXだけでなく、ログイン情報が必要なサイトはたくさんありますから日頃からそうした癖をつけておくと、大切な時間を無駄にしなくて済みますよ。