こんにちは。



ネット契約コンサルタントのマリです。



使い放題プランが魅力のUQwimax。



使えるエリアも急拡大していて、家でも外出先でも快適なインターネット環境を作ることができます。



ただ、UQwimaxはいくらエリア内でも繋がらないことや、速度が遅くなってしまうことがよくあります。



せっかく契約したのに繋がらないことが多かったり、思っていたより速度が遅いとがっかりしますよね。



そこで今回はUQwimaxが繋がらない原因と、対処方法についてご説明します。




UQwimaxがエリア内でも繋がらない理由




UQwimaxではお住いの住所のエリア判定では◯だったとしても、繋がらないことが時々あります。



原因はwimaxの電波の性質です。



wimaxの電波は携帯電話などの電波に比べると、建物の中や地下室などには届きにくいという性質があるのです。



屋外でも高い建物に囲まれたような場所だと、電波が届きにくいです。



また、電波の干渉がおきやすい場所(公衆無線LANがあったり、スマホなどで通信している人が多いカフェ、電子レンジの近くなど)で、繋がらないこともあります。



wimaxを快適に使うには、周囲に遮るものがなく電波を受信しやすい環境が必要です。



そうした環境に気を使っても繋がらない時は、ルーターの不具合や使いすぎによる速度制限などが考えられます。



繋がる?繋がらない?不安な時はTRYwimaxを使おう!




UQwimaxを契約したいけど、自宅やよく行く場所で繋がらないと困るし…という場合は、UQコミュニケーションズが行なっている「Try WiMAX 2+」で接続テストをしてみましょう。



これは、15日間無料でルーターを借りることが出来るサービスで、繋がりやすさや実際のスピード、ルーターの使い方まで試してみることができます。



もし使いたい場所で繋がりにくかった場合は契約せず返却すればOKなので、気軽に試してみてくださいね。



モバイル回線はどうしても固定回線に比べて電波の受信状況が不安定になってしまうので、契約後に繋がらないというトラブルを避けるためにもTry WiMAX 2+はぜひやっておきましょう。



室内でUQwimaxの電波を受信しやすくするコツ




wimaxはそもそもモバイルwifiですが、回線スピードが速いうえに使い放題の料金プランがあるので、自宅でもメインのインターネット回線として利用している方が多いです。



しかし外出先では快適なのに、家に帰ると繋がらないということも。



そんな時はとにかくできるだけ外に近い場所にルーターを置いてみましょう。



 いろいろな場所で試して、一番繫がりやすい場所を探します。



戸建なら2階の窓際で、基地局のある方角に向いているとか、高い建物がない方が繋がりやすいですよ。



そこがネットを使う場所から離れていて無線LANをキャッチできない場合は、クレードルなどを利用して有線LAN接続すればOKです。



もう1つ、室内の電波をリフレクター(反射板)を使って集中させる方法もあります。



ミニパラボナアンテナを作ってルーターのそばに置くだけで、電波の感度が高まって繫がりやすくなるのです。



これは100円ショップで買える簡単な材料で作れますから、自宅でwimaxが繋がらない、繫がりにくいという方は一度お試しくださいね。




電波以外の理由で繋がらないこともある?




いつもは繋がるのに急に繋がらないとか、妙に遅くなってしまったということも、UQwimaxではありがちです。



理由としては、



  • ルーターの不具合




  • 使いすぎによる速度制限にひっかかった




  • などがあります。



    急に繋がらない時は、ルーターを再起動(1度電源を切って入れ直す)してみてください。



    スマホやパソコンも調子が悪い時は再起動するのと同じです。



    私もしょっちゅう色んな機器を再起動していますよ。



    また、ルーターの機種によっては接続のしやすさ優先にするか、速度優先にするかを設定できるものがあるので、接続優先にしておきましょう。



    また、使い過ぎによる速度制限が理由で遅くなっていることも考えられます。



    ギガ放題プランでは、月間の使用量は無制限ですが、完全に無制限ということではありません。



     3日で合計10GB使うと翌日の18時頃〜翌2時の8時間だけ速度制限がかかることになっています。



    3日で10GBといえば、普通に使っている分には充分ですが、高画質で動画を観ると1時間くらいで使い切ってしまう容量です。



    なので、ついうっかり……なんてこともあるでしょう。



    とはいっても、YouTubeの標準画質動画なら問題なく観ることができる程度の速度は出ますから、全く繋がらないということにはなりません。



    さらにwimaxにはau 4G LTEが使える「ハイスピードエリアプラスモード」というサービスがあります。



    ハイスピードエリアプラスモードはwimaxが繋がらない場所でもネットに繋ぐことができるため、いざという時には頼りになるのですが、これを使うとその月はwimax回線の通信量も含めて「合計7GB」しか使えなくなってしまうのです。



    ギガ放題で、3日で10GB使っていないのに速度が遅い場合は「ハイスピードエリアプラスモード」を使っていないかどうか、思い出してみましょう。



    (ちなみにこのサービスは使えるルーターが限られており、最初からルーターが対応していない場合は関係ありません。また対応ルーターでも、勝手に切り替わることはありません)



    同じように、7GBプランで契約している方も合計7GB使い切ってしまうとその月は速度制限がかかります。



    まとめ




    いかがでしたか。



    UQwimaxは電波の特性上、エリア内でも繋がらないことがあるのは、ある程度仕方がないことかもしれませんね。



    当然速度や料金プランは魅力的だけど、そこが不安で、、、という悩みもよくお聞きします。



    ただ、今ご説明したような、繋がりやすくするコツや繋がらない理由を知っておけばいざという時に慌てなくてすみますし、TRYwimaxという強い味方もありますから、気軽にチャレンジして快適なwifi環境を手に入れてくださいね!