こんにちは。



ネット契約コンサルタントのマリです。



WiMAXのルーターが壊れてしまったり、新しい機種に変更したい時、どうしたらいいのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。



ルーターはWiMAXを新規で契約するときにもらえるものですが、壊れたからといってルーターだけを新しく買うことはできません。



ルーターだけ欲しい時は、ネットショップや中古の販売店で白ロムのルーターを買うことになります。



でもこれを買えば、本当に今まで通りに使えるのか、BIGLOBEなどのプロバイダーに手続きしなくていいのか、いまいちわからないし、不安ですよね?



そこで今回は、WiMAXの「白ロム」ルーターの使いこなし方法について、ご案内いたします。



WiMAXの白ロムとは?




そもそも白ロムというのは、どのプロバイダーのSIMカードを挿しても使えるSIMフリー端末のことです。



スマホではよく見かけると思いますが、WiMAXルーターもSIMフリーなので、白ロムとして中古市場に出回っています。



値段は最新機種のW04で5,000円〜8,000円くらい、ホームルーターとして人気のL01でも1万円以下となっています。



もちろん、古い機種ならもう少し安い価格で購入することができますが、数は少ないです。



なぜWiMAXの新機種の白ロムが売られているの?




WiMAXを使うには、UQコミュニケーションズをはじめ、BIGLOBEや@niftyなどのプロバイダーと契約しなければなりません。



そして最低でも2年間は使わないと高い契約解除料を取られてしまいます。



ところが、発売から1年もたっていない新しい機種が白ロムとして売られているのはなぜでしょう?



WiMAXが繋がらなかったとか、引っ越してしまうなどの理由で解約してしまう方はともかく、乗り換えた場合は普通なら古い方を売りそうなものですよね。



しかしWiMAXの場合、古い機種は非常に安くしか売れません。



また古いルーターでも充分使えたり、最大速度に対応していないエリアだと新しい機種を使う意味がなかったりするので、乗り換え時にもらった新しい方を、高いうちに売った方が得、という事情があるのです。



WiMAXの白ロムは何に使うの?




ではこの白ロム、一体どのように使われているのでしょう。



次にWiMAX白ロムルーターの主な使い道をご紹介します。



ルーターが故障した時や機種変更したい時

 



新規契約した時にもらったルーターが保証の範囲外で壊れると、修理代が結構かかってしまいます。



しかもBIGLOBEなどの自分が契約しているプロバイダーではなく、auショップに持ち込んで修理を依頼しなければなりません。



もちろん修理中は代替機を貸してもらえますが、運悪く在庫がなかったり、とても古い機種だったりすることもあります。



それならいっそ機種変更を、と思っても、正規の機種変更は契約後12ヶ月以内なら20,000円、13ヶ月〜18ヶ月では12,000円もかかってしまいます。



 したがって中古の白ロムを買って、SIMカードを差し替えて使う方が、安く早く済むことになります。



この時、特にBIGLOBEなどプロバイダーに連絡する必要はありません。



ホームルーターとモバイルルーターの使い分け

 



WiMAXを主に自宅での固定回線として使いたい時には、据え置き型のホームルーターが頼りになります。



1度に接続できる機器の数が多く、ちょっと離れた場所でも安定したWi-Fi通信ができるので使い勝手が良いのです。



ただし持ち歩くことができないため、家でも外でも使いたいならモバイルルーターをクレードルにセットして使うということになります。



ただ、この方法ではホームルーターほど使いやすくありませんし、長時間使うと充電しすぎてルーターが故障することも。



そんな時は、契約時にはホームルーターを選んでおき、後で白ロムのモバイルルーターを別途購入し、SIMカードを入れ替えて使うのがオススメです。



もちろん外出時と自宅とで同時にWiMAXを使うことはできませんが、1人暮らしの方や旅行や出張中だけモバイルルーターを使いたい、といった場合にはとても便利ですよ。



格安SIMを入れて使う

 



BIGLOBEや@niftyなどのプロバイダーでWiMAXを契約する場合、最低でも2年間は使う覚悟が必要になります。



2年以内に解約すると、違約金を払うことになるからです。



しかし、そんなに使うかどうかわからないというケースも結構ありますよね。



WiMAXも、格安スマホのように縛りがない使い方はできないものでしょうか。



 実は、白ロム+格安SIMでそうした使い方は可能です。



mineo(マイネオ)などのau系格安SIMを使った方法を、こちらでご案内していますので興味のある方はぜひお読みくださいね。



WiMAX2上級者への道!?au系列の格安simでWiMAX2をお得に使うコツまとめ



まとめ




いかがでしたか?



私も以前AmazonでWiMAXの白ロムを見かけた時、正直何に使うのかな?と不思議に思ったことがあります。



WiMAXのルーターはSIMさえあれば使えるので、ルーターだけ買ってSIMを入れ替えることで、色々な使い方ができるのということなのですね。



もちろん、白ロムは中古品ですから保証はありませんし、BIGLOBEなどのプロバイダーでは今ご紹介したような使い方は全く推奨していませんので、利用はあくまで自己責任となります。



それでもこうした知識があれば、無駄なお金と手間をかけずにお得にWiMAXを活用することができます。



覚えておくと、いざという時にきっと役に立ちますよ。