こんにちは。



ネット契約コンサルタントのマリです。



WiMAXの紹介ページに行くと必ず書いてある「au 4G LTE」の文字。



これ、なんのことかわかりますか?



実はこれ、WiMAXのエリア外でもauスマホのエリア内ならネットが使えるってことなんです。



auの回線ならエリアカバー率がほぼ100%ですから、WiMAXが繋がらないエリアでも快適なモバイル通信ができるということです。



とても便利なサービスですが、WiMAXユーザーがこのauエリアを利用するには当然お金がかかったり通信量に制限があったりします。



ところがこの料金や通信量の仕組みがとてもややこしいため、知らずに使ってしまい損をしたり、逆に使うべき時に使えなかったりという残念な事態が多く起きているようです。



そこで今回は、WiMAXユーザーが「au 4G LTE」を上手に活用するコツについて、ご説明いたします。



WiMAXエリアと「au 4G LTE」エリアの確認方法




WiMAXサービスの提供エリアは、UQコミュニケーションズのサイトで確認できます。



サービスエリアマップ(WiMAX 2+・UQ mobile)|【公式】UQ mobile・UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ



ここでは色分けされたマップで見たり、住所を入力してピンポイントで確認したりできるので、自宅だけでなく出かける予定の場所で繋がるかなぁ、という時にも重宝します。



ちなみに「au 4G LTE」のエリアも、ここのマップ画面で「LTE/UQ mobile」いうタブをクリックすると確認できます。



WiMAXのエリア確認は、契約前はもちろん契約後もなにかと使うことが多いので、ブックマークしておきましょう。



WiMAXエリア内でも「au 4G LTE」 が役に立つ?




上記のマップでエリアを見ると、やはりWiMAXよりauのエリアの方が広いことがわかります。



旅行や出張が多い方なら「au 4G LTE」が使えるというのは、大きな魅力であることがうなずけますね。



でも、そんなに全国を飛び回るわけではないし、自分の行動範囲がWiMAXエリアならauは関係ないと思っている方、要注意ですよ。



WiMAXは、電波がまっすぐ進み障害物に弱いので、たとえエリア内でも地下鉄やビルの中では圏外になってしまうことが多々あります。



しかしau回線なら、ほぼどこにいても繋がりますよね。



実は WiMAXで「au 4G LTE」 が使えるようになっているのは、そんな時のため、なのです。



「au 4G LTE」の使い方と注意点




この「au 4G LTE」を利用するのに別途申し込みなどは必要ありません。



ルーターの設定を切り替えるだけなのですが、いくつか注意すべきことがあります。



⑴ 「au 4G LTE」が使えるルーターを選ぼう




WiMAXの端末(ルーター)には、「au 4G LTE」が使えない機種があります。



現在の最新機種は全て対応していますが、NEC製の旧機種を安く契約したり譲り受けたりする時は注意してください。



⑵オプション料金が必要



WiMAXルーター上で「au 4G LTE」回線を使えるようにする設定を「ハイスピードプラスエリアモード」と言い、これを使った月は「LTEオプション」としてWiMAX月額料金のほかに1,005円かかります。



こちらは契約期間を3年にしたり、auスマートバリューmineに申し込むと無料になります。



⑶ギガ放題プランでも7GBしか使えない



WiMAXの最大の魅力は〝使い放題〟なところです。



3日間で10GB以上使うと少し遅くなったりはしますが、たいした影響はありません。



ところが、ハイスピードプラスエリアモードを使うと、その月の通信量が7GBを超えた時点で速度制限がかかります。



WiMAXと「au 4G LTE」合わせて7GBなので、旅先でちょっとだけLTEを使ったら、帰宅後WiMAXがとても遅くなってしまった…という悲劇が起こってしまいます。



これは翌月まで解除されないので、特に月初に使うときは注意しましょう。



WiMAXエリア外で「au 4G LTE」を使わない方法もある?




こうしてみると、便利なようで意外と不便なハイスピードプラスエリアモード。



2年契約の方や、auスマホを使っていない方はオプション料金を払いさらに通信制限まであるのですから、そう気楽に使えるものではないですよね。



WiMAXがエリア外でも、インターネットに繋ぐ手段は他にもあります。



それは駅や空港に設置された有料Wi-Fiスポットや、ホテルのWi-Fiサービスなどを使うこと。(こちらで詳しく解説しています)



WiMAX2を契約したらauのwifiスポットは使えるの?料金や使い方は? | 快適ネットライフ



また、少しの間ならスマホのデザリング機能を使う手もあります。



まとめ




いかがでしたか。



WiMAX2+のエリアは今ではかなりひろがって、都市部ではほとんどの場所がカバーされており、駅や地下街などについても使えるエリアが増えています。



しかし今までハイスピードプラスエリアモードに対応していなかったNECが、最新機種では対応したことや、オプション料金無料のプランが出ていることから、WiMAXにおける「au 4G LTE」の重要性は変わっていないものと思われます。



(つまり、WiMAXエリア内でも繋がりにくいことがまだまだある、ということです)



これで通信量7GBの制限がなければ、私も何も言わずに皆様にau回線をオススメするのですが…現時点ではそれは無理そうです。



WiMAXがエリア外になったとき、「au 4G LTE」を使うかその他の手段を使うかは、オプション料金のかかり方やその月の通信量次第。



普段から意識して、1番お得な方法をとれるように準備しておいてくださいね。