こんにちは。



ネット契約コンサルタントのマリです。



旅先でもいつでも好きなだけネットが使えるWiMAXですが、沖縄などのリゾートでもちゃんと繋がるのかどうか、気になるところですよね。



WiMAX2+のエリアはサービス開始以来、順調に拡大を続けており、現在ではほぼ全国をカバーするまでになっています。



しかし、北海道や沖縄などの地方では都市部でしか繋がらないことも多く、WiMAXを持っていくかどうか悩んでしまいます。



そこで今回はWiMAXの沖縄エリアでの状況についてお伝えいたします。




沖縄県内のWiMAXエリア確認方法について




WiMAXのエリア確認は、UQ WiMAXの公式サイトのエリアマップでするのが確実です。



サービスエリアマップ(WiMAX 2+・UQ mobile)|【公式】UQ mobile・UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ




ここではおおざっぱな住所がわかれば大丈夫なので、“沖縄県”とか“那覇市”などと入力してみましょう。



地図が表示されたら拡大や縮小して行きたい場所を特定すると良いでしょう。



また、細かい住所がわかっていればピンポイントエリア判定が確実です。



泊まる予定のホテルなどはこの方法でエリアを確認することができますね。



さらにWiMAXでは電波の受信しにくい建物の中、地下などで確実に受信できるような対策も進めています。



ここで使える!WiMAX 2+|【公式】UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ



このサイトに、沖縄の空港やショッピングセンターなどの情報も出ていますので参考にしておくと良いですよ。



沖縄のWiMAXエリア拡大情報をいち早くGETしたい!




沖縄にお住いの方も、これから旅行に行く予定の方も使えるのが「エリア拡充情報」です。



速報!エリア拡充情報! | 【公式】UQコミュニケーションズ



新たにWiMAXに対応した地点が速報で表示されます。



さらに「エリア通知メール」の登録をしておけば、沖縄県の情報だけを受け取ることができるので便利ですよ。



UQ WiMAX エリア通知メール|【公式】UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ



沖縄でWiMAXが使えないエリアに行く時は?




上記の通りエリアマップを表示すると、那覇市や名護市などの県南側はほとんどWiMAXエリアとなっていますが、北側はエリア外となっています。



あまり人が住んでいない地域なので仕方がないかもしれませんが、観光旅行では行くという方も多いのでWiMAXが使えないと不便ですよね。



そんな時は、下記の方法で乗り切ることができます。


  • ハイスピードプラスエリアモード(LTEオプション)を使う

  • ホテルのWi-Fiサービスを使う

  • スマホでデザリング



  • ハイスピードプラスエリアモードは、au 4G LTEの回線を利用するのでスマホが使えるエリアなら大体使えます。



    ただし、2年契約の方や、auスマートバリューmimeに加入していない方はオプション料金(使った月だけ1,005円)がかかります。



    また、ハイスピードプラスエリアモードで月7GB以上通信すると、月末まで速度制限されてしまうので気をつけてください。



    ハイスピードプラスエリアモードについてはこちらでも詳しく解説していますので、気になる方は参考になさってくださいね。



    WiMAXのプラスエリアモードって使えるの?料金や使い方を解説!



    ホテルのWi-Fiサービスやスマホのデザリング方法・料金などは、各事業者にお問い合わせくださいね。



    滞在期間にもよりますが、WiMAXに上記の通信手段を組み合わせれば、旅先でもお得にネットを使うことができますよ。



    まとめ




    いかがでしたか。



    私などは旅行のときくらいはスマホもインターネットもせず、のんびり過ごしたいなと思うのですが、いざ行くとSNSに写真や動画を載せたり、現地の情報を検索したりなど、結局たくさん使っています。



    そんな時にも、使い放題のWiMAXはとても頼りになるサービスですね。



    ただ、沖縄県では残念ながら使えないエリアも多いので、事前のエリア確認と代替え手段の用意は怠りなくしておきましょう。