こんにちは。



ネット契約コンサルタントのマリです。



これからwimaxの契約をお考えの方はともかく、すでに契約してwimax生活を送っている方でも料金の締め日を意識したことってあまりないのではないでしょうか。



そういう私もスマホやインターネット回線の料金の締め日がいつなのか、そしてその料金はいつ引き落とされるのか、はっきりわかっていないことがよくあります。



そこで今回は、wimaxの料金の締め日と支払い方法について解説いたします。



スポンサーリンク





wimax(ワイマックス)の料金締め日はUQwimaxを始めどのプロバイダーも同じ!




wimaxの支払いは月額料金制ですから毎月に請求される利用料金が決まっています。



wimaxの場合は「1日から月末まで」を1ヶ月とし、翌月以降に請求されます。



これはUQwimaxを始め、どのプロバイダーでも同じです。



ただ、wimaxの場合キャンペーンやサービスで開通した月は無料または日割りだったり、最初の2ヶ月だけギガ放題プランの料金が安くなったりと、請求額が変わってきます。



なので契約して数ヶ月はいくら引き落とされるのかよくわからない、という状況になりがちなのです。



毎月は無理でも「料金が安い期間の最後の締め日」くらいは意識しておくといいでしょう。



ちなみに代表的なプロバイダーの月額料金はこんな感じです。



GMOとくとくBB




  • 初月…日割り

  • 1?2ヶ月…2,699円

  • 3?24ヶ月…3,353円

  • 25ヶ月以降…4,263円



  • So-net(ソネット)月額大幅割引キャンペーン




  • 初月…無料

  • 1?2ヶ月…980円

  • 3?24ヶ月…3,480円

  • 25ヶ月以降…4,179円



  • GMOとくとくBBはそうでもありませんが、So-netだと3ヶ月以降に急に料金が高くなってびっくり、なんてことになりそうですね。



    また、契約初月も日割りや無料で安いのですが、契約事務手数料3,000円がかかるので要注意ですよ。



    スポンサーリンク




    wimax料金の請求日(口座引き落とし日)と請求金額!口座振替は翌月の決まった日に




    次に、締め日からどのくらいで支払うことになるのかということですが、口座振替の場合は翌月の決まった日にきっちり引き落とされます。



    UQwimaxだと26日です。(引き落とし日が土日祝日の場合は翌営業日)



    ただし口座振替は手続きに時間がかかるため、手続き後最初の2ヶ月くらいはコンビニなどで支払うことになる可能性があります。



    手続きが完了してしまえば、引き落とし日までに口座にお金を入れておけばOK。



    プロバイダー側も具体的な請求金額と支払日を事前に確認できるような仕組みを必ず用意しています。



    インターネットのマイページで確認するか、メールでお知らせが来るような設定にしておきましょう。



    ちょっと分かりにくいのが、クレジットカードで支払う場合です。



    料金の締め日が月末なので翌月以降に請求となるのですが、カード利用代金の支払日によっては翌々月になることもあります。



    カード会社からのお知らせをよく読んで、何月の分がいつ支払いになるのか確認しておきましょう。



    wimax契約更新月の締め日を忘れずに




    wimaxは、2年間の自動更新という契約条件ですから、更新月以外の月に解約する時は解約金(違約金)を支払わなくてはなりません



    上記のGMOとくとくBBやSo-netのように、たいていのプロバイダーでは2年を過ぎると月額料金が高くなってしまいますし、ルーター端末も古くなるため、基本的には2年使ったら他のwimaxプロバイダーか、インターネット回線に乗り換えを考えた方がいいのです。



    契約時に必ず契約更新月を確認して、その月の締め日までには後のことを決めておき、更新月にスムーズに解約できるようにしておきましょう。



    まとめ




    いかがでしたか?



    wimaxに限らずスマホでもなんでも、料金の締め日などは普段はあまり意識しないものですよね。



    でもwimaxでは、利用期間によって請求額が変わることがあるので、ある程度締め日と支払日の関係を把握しておかないと、支払いが滞って利用できなくなってしまうなんてことになりかねません。



    また、更新月を忘れていたためにもっと通信が速くて格安のプランが出ていても、乗り換えられなくなってしまうとすごく残念ですよね。



    こんなことにならないよう、締め日は手帳やスマホのカレンダーなどに記録しておくといいですよ。



    スポンサーリンク