こんにちは。



ネット契約コンサルタントのマリです。



WiMAX2を契約しようと情報収集している時に、必ず出てくるのが「au 4G LTE」というマークや、「LTEオプション」という言葉です。



ルーターにも、この表示がついているものとついていないものがありますし、料金表を見ると「LTEオプション無料」とか書いてあったりします。



しかし、それだけでは何のことなのかわかりませんよね?



オプションというくらいだから、なくてもいいのかもしれないけど、念のため使えるようにしておいた方がいいのかな、などと悩んでしまいます。



auと書いてあるからauユーザー以外には関係ないのでは?とも思ってしまうことも。



そこで今回は、WiMAX2のau LTEオプションについて、仕組みや利用価値をまとめてみました。



WiMAX2+もau 4G LTEも、回線の名前




WiMAX2+はUQコミュニケーションズが提供する高速モバイル通信回線のことです。



首都圏を中心に提供エリアを拡大中ですが、移動先で圏外になってしまったり、地下や建物内では繋がりにくかったりします。



一方のau 4G LTEは、auのスマホで使っている回線で、ほぼ全国をカバーしており地下などでも繋がりやすくなっています。



WiMAX2+だけではカバーできないエリアでも、au 4G LTEを使うことでインターネットに接続できるようにするサービスがLTEオプションです。



ただしWiMAX2ユーザーがLTEオプションを使うと、その月だけ別途1,005円のオプション料金がかかります。



WiMAX2ユーザーでLTEオプションが必要なケースとは




 上記のようにau 4G LTE回線は、WiMAX2+が繋がらない時のための予備回線的な位置づけです。



したがって、WiMAX2+だけで快適に使えるエリアにお住いで、あまり遠くに行ったりしないならLTEオプションはほとんど必要ないでしょう。



また、一時的にWiMAX2+が繋がらなくなってもスマホの容量がたくさんあったり、自宅では別の回線が使えるという場合も、あえてLTEオプションを使う必要はないかもしれませんね。



逆に出張や旅行が多くどこに行ってもモバイル通信をしたいという方は、LTEオプションを使わざるを得ないことが多いと予想できます。



WiMAX2ユーザーなら誰でもLTEオプションを使える?




LTEオプションにはauの名前が入っていますが、auスマホのユーザーでなくても問題なく使えます。



また、使う時にプロバイダーへの連絡など特別な手続きは必要ありません。



ルーターの設定をLTEオプションが使えるモード(ハイスピードプラスエリアモードと言います)に変更するだけ。



ただしWiMAX2のルーターにはLTEオプションが使えない機種もあります。



どちらを選んでもルーター代金は基本無料ですし、自分でモード設定を変更しない限りWiMAX2が圏外になったからといって勝手にLTEオプションに切り替わることはありません。



なので絶対にLTEオプションを使わないという自信がないのならば、最初から対応機種を選んでおく方が無難ですよ。



ちなみに2017年8月時点では、W04という最新のルーターがLTEオプション対応機種です。



気をつけよう!WiMAX2ギガ放題とLTEオプションの関係




このようにLTEオプションはいつでもどこでもネットを使いたいヘビーユーザーにこそ、便利なサービスと考えられるのですが、それにしてはどうにも痛し痒しなデメリットがあります。



それは、1度でもLTEオプションを使うと、その月の通信量がWiMAX2も含めて7GBを超えた時点で速度制限されてしまうことなのです。



ギガ放題で契約していても、です。



制限後の速度は128kbpsとなっており、非常に遅くて使い物になりません。



しかも使った月は1,005円のオプション料金がかかります。



高い上に制限があるのでは、WiMAX2のギガ放題の良さが帳消しどころかマイナスです。



ですからLTEオプションはあくまでも保険という位置づけでとらえておきましょう。



もちろん毎月のデータ使用量が7GBで収まっている方なら、利用価値はおおいにあると言えますね。



少しでもお得にLTEオプションを使うには




こうしてみるととても微妙なポジションにあるLTEオプションですが、最近少しだけお得になりました。



WiMAX2の契約期間を3年にすることで、LTEオプション使用料1,005円が無料になります。



もう1つ、auユーザーなら「auスマートバリュー mine」に加入していれば、3年契約でなくてもオプション料金が無料になります。



データ容量に制限はありますが、利用料金が無料なら、まだマシになったと言えるでしょう。



まとめ




いかがでしたか?


LTEオプションはauスマホの回線なので、スマホと同じく通信量が7GBに制限されてしまうのは仕方がないにかもしれません。



速度制限後の128kbpsというスピードもスマホと同じですよね。



でも、何もWiMAX2の通信量まで一緒に制限しなくても…と思うのは私だけじゃないと思います。



今後、もう少し制限が緩くなるか、auのLTE回線に頼らなくてもWiMAX2が繋がるようになるか、どちらかに期待しつつ、WiMAX2とLTE回線を上手く使い分けていくのが現在のところ、最善の方法だと言えます。