こんにちは。



ネット契約コンサルタントのマリです。



月々4,380円で高速インターネットが使い放題のWiMAX2。



非常にありがたい反面、高い違約金やauのLTEオプションを利用すると月のデータ使用量が7GBになってしまうなどのマイナス面もあり、契約をためらってしまったという声も。



そこで今回は、WiMAX2ルーターとsimカードの組み合わせで、通信料金を抑えながら使いこなすコツをご紹介。



ライフスタイルに合わせた効率的な使い方ができますよ。



WiMAX2を格安simで使う意味って?




普通、WiMAX2を使うためにはUQコミュニケーションズのほか、取り扱い代理店である@nifty、So-netなどのプロバイダー、家電量販店などで契約する必要があります。



契約すると、通信に使う端末(ルーター)がもらえて簡単な設定をするだけでWiMAX2が使えるようになります。



ルーター本体の代金は無料ですが、新規契約手数料3,000円がかかり、2年以内に解約すると違約金が発生するなどの縛りがあります。



料金プランもギガ放題か通常プラン(7GBまで使える)の2種類しかなく、金額にあまり差がないので、ほとんどの方はギガ放題で加入すると思われます。



 この仕組みに特に不満がなければそのままで大丈夫ですが、よく考えるといろいろ不都合が出てくる場合もあります。


例えば


 
  • ギガ放題は必要ないが、7GBでは足りない。10GBくらいでいいのでもっと安く使いたい。

  • 現在の料金体系ではau 4G LTE回線を使いにくい。(1,005円のオプション料金がかかるうえに、WiMAX2とau 4G LTE回線合わせて7GBしか使えなくなる)

  • 引越しの予定などがあり、2年間も契約する必要がない

  • 前に使っていたルーターが壊れていないので、そのまま安く使えたら…



    などなど、細かいけれど、なるほどと納得できる理由が結構あるものです。



    そんな時、これからご紹介するようにWiMAX2のルーターと格安simの組み合わせで解決できることがあります。



    au系の格安simがあればWiMAX2通信ができる!




    普通にWiMAX2を契約する時、simカードを意識することってほとんど無いですよね?



    でも実はWiMAX2のルーターには、プロバイダーの情報などが書き込まれたsimカードが入っていて、その情報をもとに通信する仕組みになっています。



    なので、WiMAX2のルーターにデータ通信用の格安simカードを入れることで、プロバイダーと契約しなくてもWiMAX2が使えるようになるのです。



    ただし格安simなら何でもいいというわけではなく、auの回線を使った通信会社のものである必要があります。



    今のところ、当てはまるのはmineo(マイネオ)、UQ mobile、Fiimo(フィーモ)、IIJmio(みおふぉん)、J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)、TikiTiki(Tikimo)の6社です。



    中でもデータ専用のsimがあり、容量の選択肢が広いのがmineoですので、今回はmineoのsimを使う前提で説明いたします。




    mineo「auプラン」のデータsimでWiMAX2を使ってみよう




    まず、WiMAX2のルーターを入手する必要があります。



    WiMAX2のルーターは、プロバイダーと契約するともらえるものなので、ルーター単体では販売されていません。



    そこで、もし以前にWiMAX2を使っていてまだその時のルーターが元気ならそれを使い、なければAmazonやヤフオク、中古携帯ショップなどで中古のルーターを買います。



    機種は何でもいいのですが、どうせならau 4G LTE回線が使えるファーウェイ社のWシリーズが良いでしょう。



    それからmineoと契約します。




    公式サイトからでもいいのですが、Amazonなどで「エントリーパッケージ」というのが数百円で買えて、これを使うと契約手数料3,000円がかかりません。



    公式サイトでキャンペーンなどをしていなければ、こちらの方が安く契約できます。



    mineoにはdocomoプランとauプランがあるので、契約時には必ずauプランを選んでくださいね。



    そして、購入するsimは、データ通信のみのシングルタイプです。



    通話ができる(電話番号がもらえる)タイプはWiMAX2を使う時は不要ですから、間違えないようにしてくださいね。



    simカードが届いたら、ルーターにセットしてパソコンから「APN設定」をすればOK。



    設定に自信がない方でも、mineoにはベテランユーザーに質問できるサイトがあり、たいていの疑問はすぐに解決できてしまいます。







    au系格安simでWiMAX2を使うメリットと注意点




    上記の方法を使うのは、プロバイダーと契約するのに比べて多少手間はかかりますが、いろいろメリットもあります。



    料金が安い




    mineoの場合は10GB使えて月額2,520円ですから、WiMAX2の7GBプラン3,696円より安く、しかもau 4G LTE回線を使っても1,005円のオプション料金がかかりません。



    もちろん、au 4G LTE回線を使ったからといって7GBに制限されることもありません。



    WiMAX2と合わせて10GBまでちゃんと使えます。



    さらに、余ったデータ容量は翌月に繰越せますし、料金プランの変更も自由ですので、データ容量がたくさん残ってしまったら翌月は安いプランに変えれば、無駄なく使うことができます。



    自分や家族がmineoのスマホを使っているなら、データを分けあうこともできます。



    7GBでは足りないけど、ギガ放題までは必要ない、という方にオススメです。



    いつでも解約できる




    格安simのいいところは、違約金がない点です。



    通話simですと1年などの縛りがありますが、データ専用simなら契約期間の縛りも違約金もありません。



    単身赴任や学生、長期出張など、WiMAX2を使う期間が限られている場合は助かりますよね。



    利用は自己責任で




    このように格安simを利用すれば、安く気軽にWiMAX2通信ができます。



    ただしこの方法では、プロバイダーのサポートや各種オプションサービスが使えませんし、中古で買ったルーターに不具合があっても交換などはできません。



    通信速度も混雑する時間帯では遅くなる可能性が高いです。



    あくまで自己責任で、ということになるのでそこだけは注意してくださいね。



    まとめ




    以上、au系の格安simを使ってWiMAX2をお得に使う方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?



    一般的なWiMAX2の料金プランでは今ひとつぴったり来ないという場合、こうした使い方をすれば無駄なく効率的にインターネットを使うことができます。



    私も家族用にもう一つWiMAX2のルーターが欲しいと思っているのですが、ギガ放題までは必要ないので迷っていました。



    今回のやり方なら、ちょうど良い感じで使えそうです。



    もし同じようなお悩みをお持ちの方は、お試しになってはいかがでしょうか。